進め!グローバリスト

無理なくマイルを貯める方法と日本では知られていない海外のお得情報 ※当サイトではアフィリエイト、アドセンス広告を使用しています。

ANAマイル

【2019年版】ソラチカルートとは?ANAマイルの貯め方完全マニュアル

投稿日:2019年5月10日 更新日:

重要なお知らせ

2019年12月27日15:00をもって、当記事でご紹介しているソラチカルートの最重要部分であるLINEポイントからメトロポイントへの交換サービスが終了することになり、事実上ソラチカルートが閉鎖されることが発表されました。

これにより、各ポイントサイト→LINE→メトロポイント→ANAマイルという交換ルートが使えなくなり、ソラチカカードはポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する手段としては使えなくなります

ただし、レートは81%から75%に下がりますが、ソラチカカードに変わる代替手段はありますので、ご安心ください!こちらについては近日まとめる予定です。現時点では当記事もソラチカルート閉鎖前のものですが、こちらも近日更新予定ですので少々お待ちくださいませ。

なお、ハピタスGポイントなどのポイントサイトは代替手段でもそのまま使うことができますが、ソラチカカードについてはマイルの交換には使えなくなるため、これから新しく作成をご検討中の方はご注意ください。

>>2019年ソラチカルートについて詳細はこちら

当サイトでは飛行機に乗らなくてもマイルを貯める方法を多数ご紹介していますが、それらの記事の内容を1つの記事にまとめて、このページを見ればANAマイルを貯める方法が全てわかるようにしました。

これから陸マイラーとしてANAマイルを貯める人も、すでに陸マイラーだけどたまに情報を参照したいとうい人も、ANA陸マイラーに必要な情報を全てまとめましたので、是非ブックマークしてご活用ください。

記事の内容は今後も更に充実させていく予定です。

陸マイラーとは?

陸マイラーとはそもそも何か?知っている人は読み飛ばしてくださいね。

陸マイラーは「おかまいらー」と読み、空を飛ばずに陸でマイルを貯める人のことです。主にハピタスなどのポイントサイトを使って貯めたポイントをうまく交換して、高倍率でANAやJALのマイルに交換している人を指します。

そして、陸マイラーが使う黄金のマイル交換ルートこそ、この記事のタイトルにもなっている「ソラチカルート」なのです。詳細は次の「ソラチカルートとは?ANAマイラー必須の黄金ルート」で説明しています。

陸マイラーになるための条件は特にありませんが、より効率的にマイルを貯めるにはこの後「ソラチカルートに必要なものとは?」で紹介する「ソラチカカード」というクレジットカードは必須になります。これは、どのルートでマイルを交換するにも必ず必要になるので、私が知る限り持っていない陸マイラーはいないのではないかと思います。

ソラチカルートとは?ANAマイラー必須の黄金ルート

ソラチカルートとは、数々のポイントサイトを経由して最高のレートでANAマイルを手に入れるためのルートです。

日本にはハピタスポイントタウンといったポイントサイトが数多くありますが、これらのサイトを駆使してネットショッピングのポイントとポイントサイトのポイントを二重取りし、がっぽり貯めたポイントを高倍率でANAマイルに交換するためのルートのことです。

2018年3月までは貯めたポイントを90%のレートでANAマイルに交換できたのですが、2018年4月よりこのルートが変わってしまい、2019年現在は81%のレートになりました。つまり、ポイントサイトで100ポイント貯めたとすると、最終的に81マイルが手に入るということです。

この最高のレートでANAマイルに交換できるソラチカルートにはいくつか種類があり、このサイトではハピタス系」、「ポイントタウン系」、そして「モッピー系」の3種類に分けてご説明しています。

どのルートも、最終的に「LINE→東京メトロポイント→ANA」というルートは必ず通ることになり、この東京メトロポイントに交換するためには「ソラチカカード」と呼ばれるANA To Me CARD PASMO JCBカードが必須になるため、ANAマイルを高倍率で手に入れるためのルートは「ソラチカルート」と呼ばれているのです

ハピタス系ルートとは

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタスハピタス系ルートは、ハピタス、ゲットマネー、ECナビ、げん玉で貯めたポイントをPeX→三井住友VISAカードのワールドプレゼント→Gポイントを経由してLINE以降の必須ルートにたどり着くルートで、最終的にANAマイルが手に入るまで最短で約4ヶ月かかります。

少し長いですね。

でも、ソラチカルートとは残念ながらそういうもので陸マイラーはみんなそのスケジュールで頑張っています。

ハピタスはポイントサイトの中でも貯められるポイントの種類が多く、ポイントが最も貯めやすいサイトとして有名です。陸マイラーの中では一番人気なのではないかと思います。

陸マイラーになるには不可欠なので、まだ登録していない人は登録しましょう。当サイトのリンクから登録すれば、324マイル分に相当する400ポイントがもらえます(ポイントをもらうには、登録後7日以内にハピタス経由で楽天などのサービスを使って最低1回はポイントを貯める必要があります。400ポイントは、その時の利用履歴が通帳に記載されてから5日以内に付与されます)

また、ハピタス系ルートではGポイントも必須なので、こちらもまだの人は一緒に登録してしまいましょう。Gポイントは、以下リンクから登録すれば40マイルに相当する50ポイントがもらえます(ポイントがもらえるのは登録完了から2〜3日後です)

>>ここからハピタスに登録して324マイルもらう

>>ここからGポイントに登録して40マイルもらう

なお、最近になってハピタス系ルートにげん玉という老舗ポイントサイトも加わりました。以前はげん玉はソラチカルート対象外だったのですが、対応したことにより一躍注目サイトに躍り出ました。登録すると16マイルに相当する200ポイントが手に入るのでこちらも登録しましょう!

>>ここからげん玉に登録して16マイルもらう

 

ポイントタウン系ルートとは

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウンポイントタウンは、1〜2ヶ月かかるPeXからワールドプレゼントへの交換がないため、最短で約2ヶ月でマイルに交換できます。

1種類のポイントサイトしかないのに「ポイントタウン系ルート」という独立したルートで呼んでいるのは、マイル交換までの期間が短いことに加えてハピタス並みにポイントが貯めやすいサイトだからです。

何と言っても陸マイラーの一番強い味方は店舗モニター(外食モニター)で、これにより1回食事に行くだけで3000〜6000マイルも貯められるため非常にお得です。今ではハピタスも店舗モニターに対応していますが、数年前までは外食モニター最大手と言えばポイントタウンでした。

ポイントタウンルートもソラチカカードは必須ですが、ハピタス系ルートよりもかなり早くマイルが手に入るので、ポイントタウンも必ず登録しましょう。

>>ポイントタウンに登録する

 

モッピー系ルートとは

モッピーは、ANAというよりはJALマイラーに最近熱い視線を注がれているポイントサイトですが、ANAのソラチカルートにも対応した強力な味方です。また、ちょびリッチという陸マイラー御用達のサイトもこのルートに入っており、いずれもマイルまでの交換期間は約2〜3ヶ月となっています。

モッピー系ルートで注目なのは、ちょびリッチが店舗モニターに対応しているという点です。店舗モニターは上のポイントタウンの説明でも書いた通り一気にたくさんマイルを貯める手段として非常に有効なので、こちらも是非登録しましょう!

モッピーもちょびリッチも、当サイトから登録すると素敵な特典があります。モッピーは登録後2019/6/30までにモッピー公式インスタとLINEフォローで40マイル相当の50ポイントが、ちょびリッチは登録してからその月末までに1ポイントでも獲得すると500ポイント(250円または202マイル相当)がもらえます!

>>ここからちょびリッチに登録して202マイルもらう

>>ここからモッピーに登録する(6/30までに公式インスタ+LINEフォローで50ポイントゲット!)

ソラチカルートは、「ハピタス系」、「ポイントタウン系」、そして「モッピー系」いずれのルートも毎月決まったタイミングで交換する必要があり、またサイトによっては交換上限もあるため、賢く交換する必要があります。

ソラチカルートでマイルに交換するためのスケジュールについてはこちらの記事をご覧ください。

【2019年版】ソラチカ交換手順&スケジュール完全ガイド

 

ソラチカルートに必要なものとは?

ソラチカルートを開通させるにはいくつか必要なものがあります。全てまとめると以下の通りですが、この中でお金がかかるのはクレジットカードである「三井住友カード」と「ANA To Me CARD PASMO JCB」通称「ソラチカカード」です。

まずは、登録のハードルが高めのクレジットカードから見ていきましょう。

ソラチカカード、三井住友VISAカード

ソラチカカードは、貯めたポイントを81%という高倍率で交換できるただ一つの方法であり、どのルートでソラチカルートを使う場合も必ず必要になるものです。

クレジットカードなので少しハードルが高く感じるかもしれませんが、年会費はたったの2000円ですし、入会時に1000マイル獲得、毎年継続ボーナスとして追加で1000マイルもらえるので、実質ほとんどお金はかからないと考えていいと思います。

更に、現在各種条件達成で19,600マイルがもらえるキャンペーンもやっているので陸マイラーになるなら登録はした方がいいと思います。私も登録しています。

当サイトからマイ友プログラムに申請いただくと、更に500マイルをもらうこともできるので、こちらからご申請ください。

三井住友カードについては、上の「ソラチカルートとは?」で説明したハピタス系ルートを使うには必須ですが、そうでない場合は必要ありません。ハピタス系ルートを使う場合は必須になりますが、三井住友VISAカードならどの種類でも大丈夫です。

各種ポイントサイトアカウント

ソラチカルートは上で説明した通り大きく3種類ありますが、どのルートでもハピタスGポイント、またはポイントタウンのどちらかが必須になります。ハピタス系ルートかモッピー系ルートの場合はGポイントが必須、それがいやな場合ポイントタウンルートになりますが、ポイントタウンルートでは当然ポイントタウンは必須です。

ハピタスポイントタウンはどちらにせよ案件の多さ的にも使いかって的にもポイントサイトの二大巨頭だと考えていいと思いますので、この2つとGポイントは3つセットで必ず登録することをおすすめしています。

その他のポイントサイトについては、以下でもご紹介していますので、皆さんの使いやすいものを見つけていただければと思います。

LINE、ANAマイレージクラブアカウント

2018年4月以降、ソラチカルートを使うには必ずLINEポイントを経由する必要が出てきました。このため、ほとんどの人はLINEアカウントを持っていると思いますがまだ持っていない人はダウンロードしましょう。

LINEポイントを使うのに必要なものは特になく、LINEを持っていればすぐに使うことができます。

最後に、ANAマイレージクラブアカウントが必要なのは当然のことですね。貯めたポイントをマイルにするためには、今のうちに必ずアカウントを開設しておきましょう。

ソラチカルートでANAマイルを貯めるために必要なものについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【2019年版】ANAマイルを貯めるために必要なもの

 

マイルの貯め方

さて、ではソラチカルートで交換するための原資となるポイントは実際にはどうやって貯めるのでしょうか?

世の中の陸マイラーのサイトでは「ソラチカルートでがっぽりマイルを貯めよう!」と声高に謳っていながら実際ポイントがどこから来るのかについてはほとんど書いているところはありませんが、当サイトでは試行錯誤の結果毎年安定して5〜10万マイル貯めるようになったノウハウを余すところなく公開しています。

その方法は以下の通りなので、是非ご覧ください。

ポイントサイトを徹底活用

王道はやはりハピタスのようなポイントサイトを活用するというもの。ポイントサイトとは通販サイト、旅行代理店、不動産などの企業がお金(ポイント)を出してサイトに広告を掲載し、ユーザーがそれをクリックして利用することで広告費用(ポイント)をユーザーやポイントサイト運営会社に還元するというビジネスモデルで成り立っているサイトです。

ポイントサイトには様々な広告が掲載されており、通販でお金を使うことでポイントがもらえるものや、資料請求や会員登録で一切お金をかけなくてもポイントがもらえるものまで膨大な数が登録されています。

普段の買い物をポイントサイト経由で行うことでショッピングサイトとポイントサイトのポイントが二重取りできますし、それだけでも年間数万マイルは貯めることができます。

ポイントサイトの使い方はこちらの記事で詳しく書いているので、使い方のコツを覚えてみてください。

ポイントサイトの使い方徹底解説

私が実際にポイントサイトを使い倒して半年間で手に入れたマイルの完全明細はこちらの記事で公開しています。私は陸マイラー1年生の時、半年間で沖縄往復に必要なマイルより多い18,675マイルを貯めました。

私が半年で貯めた沖縄往復分ANAマイルの明細を完全公開!初心者でも簡単に貯まる!

ただ、この頃初心者すぎた私は、何を勘違いしたのか当時ソラチカルートに対応していなかったげん玉をモリモリ使って、ポイントを貯めた後になって交換倍率が悪いことに気付いたという苦い思い出があります。

今はげん玉もソラチカルートに対応しているので安心ですが、皆さんも私のように使うポイントサイトを間違わないようお気を付けください・・・。

また、当サイトでは各カテゴリーごとにポイントを貯めやすい広告ベスト10(2019年現在)をまとめた記事も書いています。

資料請求でお金を一切かけずにポイントをゲットできる広告ベスト10の記事はこちら↓

【2019年4月現在】ハピタスの無料資料請求広告まとめ


ポイント還元率が高い総合通販サイトベスト10のまとめはこちら↓

【2019年4月現在】ハピタスの人気総合通販サイト10選

 

スマホのポイントなど持っているものは全てマイルに交換!

スマホ利用ポイントや各種ポイントカードなど、現代社会で生きているといろんなポイントに囲まれていながら、使いこなせず期限切れになっていることもあるのではないかと思います。

それらも無駄にせず全部マイルにしましょう!

スマホを使っている人は、毎月利用料金に応じて貯まるポイントもマイルに交換できることがあります。

大手キャリアではほとんどの場合ポイントが貯まりますが、以前auユーザーだった私は解約する時 au WALLETポイントをANAのマイルに換えました。

auユーザーの人は、是非貯まっているポイントを無駄にしないでマイルに交換していただければと思います。詳しい方法は以下の記事をご覧ください。

auユーザーはWALLETポイントをANAマイルに変えよう!

また、多くの人が持っているTポイントもマイルに換えることができます。TポイントをYahooアカウントと連携しているとたまに「期間固定ポイント」というものがもらえますが、これは一定の期間で消えてしまうもの。これも、Yahooオークションをうまく使えばマイルに換えることができるので無駄にしないようにしましょう!

詳細な方法はこちら。

年間約4500マイル分?!期間固定TポイントをANAマイルに交換する方法

 

店舗モニターでがっぽりマイルを貯める!

店舗モニターとは、ミステリーショッパーとしてお店に入店してそのお店の料理やサービスを評価するもので、外食モニターやレストランモニターとも呼ばれています。

お店をレビューすることの見返りとしてポイントがもらえるという仕組みですね。これはてっとり早く大量のポイントを手に入れるには最強の方法で、1度の食事でだいたい3000〜6000マイル程度は貯まります。

目標マイルまで足りない時、飲み会の幹事をやる時には必須のマイル獲得手段なので、定期的に飲みに行く方は必見です。私も毎年これで数万マイルは貯めていると思います。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

店舗モニターでマイルを貯める方法。特典航空券はこれだけで十分!

 

日本では知られていない海外サービスを最大限活用する

日本では当然日本のポイントサイトしか知られていませんが、ポイントサイトは海外にも数多く存在しています。その中には日本在住でも使えるサービスも多数あるので、こちらも活用してマイルの原資にしましょう。

海外サービスで貯めたポイントや現金は直接マイルに交換することはできませんが、海外のキャッシュバックサイトで貯めた現金をうまく活用すれば普通に日本のポイントサイトを使うよりも多くのマイルを貯めることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

海外のキャッシュバックサイトでお得にマイルを貯める方法

歩くだけでもマイルは貯まる?!

Androidユーザーなら、歩くだけでもマイルは貯まります。ポイントタウンのAndroidアプリは歩数計に対応しており、毎日歩いた歩数に応じてポイントが貯まるのです。

歩数で貯めたポイントを確定させるには毎日アプリにログイン(起動)する必要がありますが、チリも積もれば山となるので面倒がらずに毎日起動してみましょう。

ポイントタウンの歩数計でポイントを貯める方法について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

歩くだけでANAマイルを貯める方法まとめ

 

ソラチカカードがなくてもホテル予約でマイルを貯める方法

ここまでご説明した方法は全てソラチカルートを使ったものであり、ソラチカカードというクレジットカードに加入することが必須でしたが、クレジットカードに入るのはハードルが高いという人はソラチカカードがなくてもホテル予約だけでマイルを手に入れる方法もあります。

当サイトで記事にしているのは海外のホテル予約サイトのカリゴーロケットマイル、そして世界的に有名なホテルチェーンのマリオットです。

カリゴー(Kaligo)ロケットマイル(Rocketmiles)はBooking.comやエクスペディアのようなホテル予約サイトで、サイト経由でホテルを予約すして宿泊すると自分が登録した航空会社のアカウントに自動的にマイルが付与されるというサービスです。対応しているマイレージプログラムはいずれもJALやANAなど多岐に渡りますが、ユナイテッド航空のような海外航空会社の方が還元率は高いという特徴があります。

Kaligoについての詳細記事はこちら↓ 

ホテル予約サイトKaligoで海外航空会社のマイルが貯まる


Rocketmilesについての詳細記事はこちら↓

ホテル予約サイトRocketmilesで海外航空会社のマイルが貯まる

最後のマリオットは少々高めのホテルですが、公式サイトから予約すればハピタスなどを使うのとほとんど変わらない還元率のマイルが手に入る上に、最低価格保証という嬉しいシステムもあり相当お得です。

世の中には安い予約サイトがたくさんあるので公式サイトを使うということは普段あまり考えないかもしれませんが(私もそうでした)、予約サイトのようにシステム利用料がかからない分公式サイトの方が安いというのは確かに納得できます。

他にも特典はたくさんありますし、おまけにマイル交換に必要な期間は平均1週間とポイントサイトの何倍も早いので、出張や旅行でマリオットをよく使う人やちょっとぜいたくなホテルに泊まりたい人は是非活用しましょう。


マリオット公式サイトでの予約についての詳細記事はこちら↓

ソラチカカード不要!マリオット公式サイト予約で賢くマイルを貯める方法

 

まとめ:ソラチカルートは陸マイラーに必須!なくてもマイルは貯まるが持っておこう

ここまででソラチカルートを使ったマイル獲得方法や使わない方法を一部説明しましたが、毎年安定して特典航空券分のマイルを貯めるならばやはりソラチカカードは必須だと思います。

ソラチカルート開通に必要なものを改めてまとめると以下の通りなので、これから陸マイラーになりたい人は加入・登録しましょう。

ソラチカカードは毎年もらえる継続ボーナスを考えると実質年会費はかかりませんし、持っていて特に損はないと思います。

皆さんも是非賢く楽しい陸マイラーライフを送っていただければと思います。  

■ANAマイルを貯める方法

 

-ANAマイル
-, ,

関連記事

no image

南米やカナダのローカル航空会社のマイルをANAやJALに交換する方法

カナダや南米など海外のローカル便では通常ANAやJALなどの日本の航空会社のマイルを貯めることはできませんが、それが実現できるある方法をお教えします。

ソラチカカード不要!マリオット公式サイト予約で賢くマイルを貯める方法

当サイトではソラチカルートやモッピールートを使ってマイルを貯める方法をご紹介していますが、いずれもクレジットカードやプリペイドカードの加入が必須になります。 それに対して、大手ホテルチェーンのマリオッ …

no image

陸マイラー3年生の年間ポイント獲得数の実態をざっくり明細付きで紹介

私は陸マイラーになって最初の半年で18000ANAマイル以上貯めたことはこちらの記事で詳しく説明していますが

no image

ポイントタウンの歩数計を2ヶ月使ってポイントを貯めた結果

有名ポイントサイト「ポイントタウン」には、アンドロイドアプリにだけ歩数計の機能があり、歩数に応じてポイントが貯まります。管理人が実際使って2ヶ月で貯めたポイントの詳細を全てご紹介します。

no image

店舗モニターでマイルを貯める方法。特典航空券はこれだけで十分!

飛行機に乗らずマイルを貯める方法は資料請求や会員登録など様々ですが、制約があったり承認条件が厳しかったりしてなかなかハードルが高いものです。 しかし、店舗モニター(外食モニター)なら対象の店舗(飲食店 …



運営者:エンドゥー左紗
サラリーマン陸マイラー。会社員として海外出張で世界を飛び回る傍、陸マイラーとして貯めたマイルで年に2回沖縄に行くなど合計で年に5回ビーチリゾートを旅行しています。英語力を強みとしていて、当サイトでは日本で知られていないマイル情報やお得旅行情報を発信しています。詳しくは詳細プロフィールをご覧ください。