進め!グローバリスト

無理なくマイルを貯める方法と日本では知られていない海外のお得情報 ※当サイトではアフィリエイト、アドセンス広告を使用しています。

ANAマイル 海外マイル情報

ANA国内特典航空券はユナイテッド航空のマイルで買った方がお得

投稿日:2019年2月25日 更新日:

アメリカの航空会社に「ユナイテッド航空」がありますが、日本人でもマイレージ会員になることができるのでマイルを貯めることができます。

日本にはJALやANAがあるので必要ないとお思いかもしれませんが、実はユナイテッドを使った方がANAの特典航空券がお得に使えるのです。

どういうことなのか詳しく説明いたします。

 

ユナイテッド航空のマイルでANAのフライトに搭乗できる

ユナイテッド航空とANAは同じスターアライアンスに所属しており、それぞれのサイトからお互いのフライトを予約することができます。

つまり、ANAは自社で就航しているフライトだけでは行けない街が出てくるので、アライアンスに加盟して提携会社のネットワークも使えるようにし、これにより世界中の都市にネットワークが持てるということになるのです。

同じように、ユナイテッドもスターアライアンスに所属することでANAのフライトをユナイテッド航空のサイトからも予約することができ、ANAのフライトを自社のネットワークとして使うことができるというわけです。

ANAのフライトをユナイテッドから予約できるというのは特典航空券にも当てはまり、ユナイテッドのマイルを使ってANAの飛行機を予約できるのです。

そして、ユナイテッドのマイルを使った方がANAの特典航空券が少ないマイルで手に入るのです!!

 

ユナイテッド航空の方がANA特典航空券を少ないマイルで買える

例えば、東京から沖縄に行く時、ANA本家のマイルを使って特典航空券を予約する場合往復で18000マイルかかります。

ところが、これがユナイテッド航空のマイルだと16000マイルになるのです。ユナイテッドだと、ANAより2000マイルも少なく行けるということですね。

東京〜沖縄必要マイル数:

  • ANA:18,000マイル
  • ユナイテッド航空:16,000マイル

実際ユナイテッド航空のサイトで東京(羽田)〜沖縄の特典航空券を検索してみました。片道分が8kマイル、つまり8,000マイルになっています。

 

これはどの時期でも同じで、8月のピークシーズンであっても8,000マイルでした。ただし、繁忙期は特典航空券の設定自体がない日程もあるのでそこだけは注意が必要です。これはANA本家と同じですね。

往復だと16000マイル!

必要なマイル数で考えればANAより断然お得ですよね。

 

ユナイテッド航空のメリット

特典航空券に必要なマイル数が少ない

これは上述の通りです。ユナイテッドなら提携会社のANAの特典航空券も予約することができますし、必要なマイルは本家ANAよりも少ない設定になっています。

 

特典航空券使用時に燃油サーチャージが必要ない

ANAやJALでは特典航空券であっても国際線の場合燃油サーチャージを現金で払う必要がありますが、ユナイテッド航空の場合それが必要ありません。

例えば、ジャカルタ行きの特典航空券の場合、時期にもよるかもしれませんが2019年の4月搭乗分だとJALは28030円、ANAは27590円の燃油サーチャージがかかります。安いとは言えない金額ですよね。特典航空券に必要なマイルも少ない上に燃油サーチャージがかからないというのはユナイテッド航空の大きな強みと言えるでしょう。

 

マイルの有効期限を延ばせる(実質無期限)

ANAもJALもマイルの有効期限は36ヶ月ですが、ユナイテッド航空は通常マイルの有効期限は18ヶ月と日本の2社よりも短い設定になっています。

ただしこれは延長可能で、18ヶ月以内にユナイテッドのフライトに乗るか、マイルを購入するか使うかすれば有効期限を延ばすことができます。

つまり、有効期限を延長し続ければ実質マイルの有効期限は無期限ということになります。

 

マイルを購入できる

特典航空券がほしいけど足りないという場合、足りない分を購入することができます。購入は2000マイル以上からで、1000マイルにつき35ドルです(2019年2月現在約4000円)。

 

失効したマイルを復活できる

先ほどお話しした通りユナイテッドのマイルの有効期限は延長可能なので実質無期限ですが、万が一有効期限が切れてしまっても2種類の方法で復活させることができます。

一つはお金を払って買い戻すこと、もう一つは取り戻したいマイルが20000マイルを超えている場合100ドル支払った上でユナイテッドの飛行機に乗るか、ユナイテッドのクレジットッカードに入会して買い物に利用するかのどちらかです。

詳細は公式サイトに載っています。

https://buymiles.mileageplus.com/united/reinstate/#/ja-JP

 

マイルを他の会員にプレゼント可能

ユナイテッド航空のマイルは、他の会員へ譲渡できます。また、特典航空券も2親等以内などに限らず誰でも使うことができます(もちろんオークションに出すことも・・・)。ANAは2親等までという厳しい制限があるので大きな利点ですね。

ただ、さすがに他の航空会社のマイルに移行することはできません。

 

格安料金で旅行してもマイルが100%貯まる

ANAだと前割りのような格安料金だと30%や50%しかマイルが貯まりませんが、ユナイテッドだと普通料金でなくても100%マイルが貯まるので、ANAでマイルを貯めるよりも貯めやすいというメリットがあります。

 

ユナイテッド航空のデメリット

マイルを貯める方法がANAより少ない

ANAなら数多くのポイントサイトで貯めたポイントを高倍率でマイルに換えることができますが、日本在住者がユナイテッドマイルに換えられるポイントはあまり多くありません。日本在住の陸マイラーにとってこれが一番痛手かもしれません。

その代わり貯めたマイルの有効期限は実質ないので、失効しそうになったら引き伸ばすなどしてうまく使えば十分有効活用できるでしょう。

 

特典航空券の変更手数料がやや高い

ユナイテッドは特典航空券の予約にかかるマイルは少ないですが、一度予約すると変更やキャンセルは全て有料になってしまいます。

予約する時は変更はできない覚悟で予約しましょう。

ユナイテッド ANA JAL
変更手数料 $75〜125※ 無料 無料
キャンセル料 $75〜$125※ 3000マイル 3100円

※旅行までの日数が60日以上かどうかで変動

 

マイレージプログラムと連携できるクレジットカードがANAほど多くない

ANAマイレージクラブと連携しているクレジットカードは銀行系、ショッピング系など実に多彩な種類のカードがあるのに対して、ユナイテッドは日本在住者が契約できるクレジットカードはセゾン、UC、MUFG、JCB、ダイナースのみです。

のみとはいっても普通カード、ゴールドカードなどの全グレードも含めると13種類もありますし、十分なのではないかという気がします。

 

まとめ:ユナイテッドのマイルは日本在住者には若干貯めにくいが、お得さは日本の航空会社より上!

ユナイテッドのマイルは、日本のポイントサイトでは貯めにくいという難点はあるものの、うまく貯めることさえできればANAやJALよりお得度は高いです。

このため、 日本人でもANAやJALよりユナイテッドをメインに使っているという人は私の周りでも何人かいます。

マイルが貯まりにくくても特典航空券の安さを取るかどうかがキモですね。

私はユナイテッドのマイルは貯める手段が少ないので、これからもANA陸マイラーを続けようと思います。やっぱりポイントサイトでがっぽり貯まったポイントを高倍率で交換できるメリットは多すぎですから・・・。

当サイトではANA陸マイラー向けのコツをいろいろ書いているので、ユナイテッドよりANAかな〜という人はご覧ください。

-ANAマイル, 海外マイル情報
-, ,

関連記事

no image

ホテル予約サイトKaligoで海外航空会社のマイルが貯まる

ポイントサイトで貯めたマイルを使って旅行する人は、旅行先で使うホテルでもマイルを貯めたいのではないでしょうか? 海外のホテル予約サイト「Kaligo」(カリゴー?カリーゴ?)では、ホテルを予約して宿泊 …

no image

【2019年版】ソラチカ交換手順&スケジュール完全ガイド

重要なお知らせ 2019年12月27日15:00をもって、当記事でご紹介しているソラチカルートの最重要部分であるLINEポイントからメトロポイントへの交換サービスが終了することになり、事実上ソラチカル …

no image

auユーザーはWALLETポイントをANAマイルに変えよう!

auを使っていると貯まるWALLETポイントをANAのマイルに交換する方法を細かく説明しています。陸マイラーであればポイントの81%をマイルにできますが、陸マイラーでなくてもすぐにANAのマイルを貯める方法もご紹介。

no image

【2019年4月現在】ハピタスの無料資料請求広告まとめ

陸マイラーには欠かせないポイントサイトハピタスですが、ショッピングや航空券の予約のようにお金を使ってポイントを貯める以外に全くお金をかけずにポイントを貯めることができる広告もあります。2019年4月現 …

no image

スマホを使うだけでマイルを貯める方法まとめ

今や誰でも持っているスマホを契約するだけでANAのマイルを貯める方法があるということをご存知でしょうか? 毎月払うスマホの基本料金にポイントが付くのと同じように、基本料金でマイルがもらえるスマホがいく …



運営者:エンドゥー左紗
サラリーマン陸マイラー。会社員として海外出張で世界を飛び回る傍、陸マイラーとして貯めたマイルで年に2回沖縄に行くなど合計で年に5回ビーチリゾートを旅行しています。英語力を強みとしていて、当サイトでは日本で知られていないマイル情報やお得旅行情報を発信しています。詳しくは詳細プロフィールをご覧ください。